宝くじは買い続けるのがコツ

たくさんの宝くじがありますが、当たりやすくするための買い方ですが、やはり「連番」と「バラ」をそれぞれ買うことが当たりやすくするための買い方です。「連番」で買うことで、1等が当たった場合、前後賞も当たります。「連番」で購入すると、1等と1等の前後賞、両方の当選の可能性が高まります。また、「バラ」で買うことで、単発で高い当選金がもらえる可能性・確率が増えます。10枚購入で比較したとき、実はバラで買ったほうが高額当選しやすいようです。

ナンバーズ4の定期購入について

私は定期的にナンバーズ4を購入しています。週に1回金曜日に購入しています。オリジナルの願掛けとしては、当たった時に喜べるようにと毎回家族の誕生日の4桁で購入しています。また、会社から宝くじ売り場に歩く途中に二つの神社があるのですが、当選にご縁があるようにとどちらの神社にも5円のお賽銭を入れて参拝することをオリジナルの願掛けとしています。もうひとつ、買った宝くじは財布に入れているのですが、結果確認後はずれていれば運気が逃げないようにすぐに財布から取り出して捨てるようにしています。

1つの宝くじに絞って確率を上げる方法に徹しています

宝くじにはいろんな種類があります。それぞれ購入しても良いのですが、毎回購入しないと当選確率が下がります。資金に余裕がある人はそれぞれの宝くじを毎回必ず購入できます。私は、そこまで余裕がないので、1つの宝くじに絞って毎回購入しています。ナンバーズです。ひたすらナンバーズばかり購入しています。宝くじは運です。その運を上げるには当選確率も上げてあげることです。同じ宝くじを購入していれば、それだけ当選確率は上がります。同じ宝くじ売り場で毎回購入しています。これも確率を意識しています。

神様もうすこしだけ

「かわなきゃ当たらない」とはよく言ったもので、かれこれ5年近く買い続けていますが、当たりません。少額(5千円・1万円等)はありますが、大物は難しい。購入のタイミングとしては毎月「7」の付く日に買います。決まったクジは特になく、コインで削るものから、年末ジャンボまで幅広いです。「7」の付く日に買う理由はお察しの通り「ラッキーセブン」もうひとつは「子供の誕生月」です。これなら外れても納得できると思ったからです。いつか当たりますように!

太陽の光が当たる店舗は当たる気がする

タイミングとしては、宝くじ売り場の近くを通った際、晴れていて尚且つ店舗に光が当たっているときに購入します。日に当たる店なので、当たる気がするからです。その為、室内にある宝くじ売り場では購入していません。一番するのはスクラッチなのですが、願掛けとして500円玉、なければ100円玉で削ります。それ以上の金額が当たってほしいという思いを込めてです。そして、拘りは一枚しか買わないということです。当たるかは運なので、枚数は関係ないと思っているからです。この方法で何度か5千円が当たりました。高額当選は夢ですが、そこまでの欲は持たず1万~5千円くらいが当たれと思ってしているのがいいのかもしれません。